谷口商会株式会社
文字サイズ
  • S
  • M
  • L
製品情報

HOME > 製品情報 > スミレイ製品

水面の油吸着には スミレイ 親油性多孔質炭化物

  • エコマーク
    • NETIS旧登録番号 SK-000020
      NETISとは?・・・・・公共工事に活用できる有用な新技術を集めたデータベースで、国土交通省が運営管理しており一般にも無料で公開されています。http://www.kangi.ktr.mlit.go.jp
    • 日本吸着学会技術賞

スミレイってなに?

スミレイ

粒状品

実効飽和吸着量の相対比較

スミレイは油を強力に吸着し長期間水に沈まない活性炭化物です(特許品)。しかも環境にとても優しい製品です。

「スミレイ」は コーヒー豆の抽出残渣を炭化しただけで作られた自然に優しいリサイクル炭化物(親油性多孔質炭化物)。
油(疎水性液体)を強力に吸着し、水をはじき、水に浮かぶ、という他に類を見ない性質をもった吸着材です。通常の吸着材では全く吸着できない 界面活性剤と混じった油も吸着できます。
油にまじった、PCB、ベンゼンなどの有害物資も油と一緒に吸着回収できます。

粒の大きさは 数μmから3mm程度ですが、大きめの粒を選別することもできます。
吸着孔の直径はおよそ0.1~50μm。通常の活性炭はマクロ孔でも0.05μmと言われていますから 活性炭にしては非常に大きい孔ですが この大きさが大量の油の吸着を可能としているのです。
かさ密度(スミレイを容器に入れたときの密度)は約0.1g/cm3、粒子密度(粒子内部の空隙は含めるが粒子間の空隙を除いた密度)は約0.25g/cm3、硬さは 丁度 学校の黒板で使うチョーク程度です。

このスミレイで作った油濁対策資材を 下記にご紹介いたします。
いずれの製品についても 御客様の用途に応じたカスタマイズに対応いたしております。

スミレイオイルフェンスについての資料請求はこちら

スミレイ オイルフェンス 吸着型オイルフェンス

特徴

スミレイを丈夫なポリエステルの円筒布で包んだオイルフェンスです。
油を止めるだけでなく吸着できる点で可搬式(ゴム製)オイルマットとは異なり、何本も連結して使うことができ長期間水面に浮かんで油を流下拡散させない点でピロー(円筒)型オイルマットとは異なります。

軽油、灯油、食用油、作動油、エンジンオイル、A重油などの低粘度油の拡散防止を得意とします。

浅い流れ、狭い水路など展張しても 滞油力を発揮します。軽量で少人数でも簡単に展張できます。

  • スミレイ オイルフェンス
  • スミレイ オイルフェンス

■スミレイオイルフェンス。尚、スミレイエアフェンスも外形は同じです。

工事現場などで万一の油流出に備えて予防的に展張する場合にはスミレイエアフェンスをおすすめいたします。小型ですが約1年間水面に浮かんで水面の油の拡散を防除します。

種類

  寸法 フェンス寸法 入り数
スミレイオイルフェンス 7502 7.5cmφ x 2m 10本(大箱)
5本(小箱)
7510 7.5cmφ x 10m 2本(大箱)
11002 11cmφ x 2m 6本(長大箱)
4本(大箱)
15002 15cmφ x 2m 4本(長大箱)
※流れが速い場面では太径のスミレイオイルフェンスをお勧めいたします。
スミレイエアフェンス 7502 7.5cmφ x 2m 5本(小箱)
7510 7.5cmφ x 10m 2本(大箱)

スミレイエアフェンスについては 11φ(11002)は受注生産となります。15φ(15002)はスミレイオイルフェンスに約1年の長期浮力があることから生産しておりません。

スミレイオイルフェンスについての資料請求はこちら

スミレイ オイルマット セッターマット

特徴

「セッターマット」とは、オイルフェンスの上流側に浮設して、油の流下拡散防止を助けあるいは薄い油膜(虹色に光ります)まで吸着して油濁回収の仕上げをする役割をもつマットです。
ロープでつなげてオイルフェンスの代わりに使うこともあり、油水分離槽の中に長く浮かべて油を吸着させることもあります。従って強い浮力と吸着力がなければなりません。

セッターマットバルクマット

スミレイオイルマットはセッターマットとして御利用いただけます。
薄い油膜も吸着回収します。油を吸った後でも強い浮力を維持し急流でも沈みません。
側溝、オイルトラップ、水溜り、河川、湖沼、港湾、海洋などあらゆる水面上の油を吸着します。波が荒い場所、水があったりなかったりするような場所でも大丈夫です。
粘度の低い油(A重油、灯油、軽油、食用油、絶縁油など)の吸着に特に威力を発揮します。

油膜の吸着力の比較実験(動画)

※ 動画はPCでご覧いただけます。


また スミレイオイルマットを 厨房などのグリーストラップの中に浮かべておくと グリーストラップの内壁のべたつき汚れが軽減されます。
これはスミレイが油を分解する微生物のすみかになって 固体化してかたまりがちな油脂をより細かい分子に分解することを助けているからです。
実験でも 適当な温度と補助栄養素さえあれば スミレイマットを浮かべたビーカーの中の動植物油が4週間で当初の21~34%も分解されていることが観察されました。
天然素材のスミレイだからこその裏ワザです。

種類

吸着量が多く 流れの中での浮力が強く、万一放置されても生分解しやすいスタンダードなBタイプ(外布が木綿ガーゼ)。
浮力保持期間が長く(通常2週間程度)粉漏れが少ないWタイプ(外布がポリエステル編布)。
強アルカリ排水中にも浮かべておけるCタイプ(外布がポリエチレン不織布)の3種類があります。

  • Bタイプマット

    ■Bタイプマット

  • 5050W

    ■5050W

形式 マット寸法 一枚あたりの吸着量 1箱の枚数
5050B 50cm x 49cm x 1.3cm 約1.6㍑ 20枚(大箱)
10枚(小箱)
5025B 50cm x 25cm x 1.4cm 約0.9㍑ 36枚(大箱)
18枚(小箱)
2525B 25cm x 25cm x 1.4cm 約0.4㍑ 72枚(大箱)
36枚(小箱)
5050W 50cm x 50cm x 1.3cm 約1.6㍑ 20枚(大箱)
10枚(小箱)
5050C 53cm x 45cm x 1.3cm 約1.6㍑ 20枚(大箱)
10枚(小箱)
Q
「型式承認」を通ったオイルマットでないと海では使えない、というのは本当ですか?
A
確かに オイルマットについては「型式承認」という制度があります。しかし この「型式承認」というのは、大型の油輸送船その船を係留する場所ないし貯油施設に対してのみは一定数量のオイルマットを備蓄する義務が「海洋汚染防止法」により課されているところ、その備蓄すべきオイルマットの性能・性状を定めた制度にすぎません。
ですから 上記の種類以外の施設が海洋の油濁を防ぐためにオイルマットを使用する場合は 型式承認に通ったオイルマットでなくてもかまわないのです。
確かに 海洋は波が荒いなどの特色があるので、頑丈さをテストされている型式承認品が役立つことも多いのですが、型式承認品を使っても役立たない場面(「沈みやすい」「油膜が取れない」などの場合)では 型式承認のない別タイプのオイルマットを使うという発想も必要です。
スミレイオイルマットについての資料請求はこちら

スミレイ フェンスマット (タコマット)

特徴

フェンスマット(タコマット)とは、長尺(あるいは万国旗)型マットのうちで、特に強い浮力と滞油力(油の流下拡散をとどめる能力)をもちオイルフェンスのように油を止めつつすばやく油を吸着することもできるものです。

一般の長尺(あるいは万国旗)型マットは 油を吸着すると極端に浮力が落ち、緩やかな流速でも水面下に沈下してしまいますが、スミレイフェンスマット(タコマット)は、親油性多孔質炭化物「スミレイ」の強い浮力と「自動屈曲構造」のダブルパワーで、油吸着後でも秒速40cmを超える急流にさえ浮かび続け、油を吸着し続けます。

  • 現場でのフェンスマット(タコマット)

    ■現場でのフェンスマット(タコマット)

  • フェンスマット(タコマット)

    ■フェンスマット(タコマット)

種類

フェンスマット(タコマット)
形式 マット寸法 一枚あたりの吸着量 1箱の枚数
フェンスマット(タコマット)20m38cm × 20m × 1.1cm 約44㍑ 1枚(大箱)
フェンスマット(タコマット)10m 38cm × 10m × 1.1cm 約23㍑ 1枚(小箱)
フェンスマット(タコマット)5m 38cm × 5m × 1.1cm 約12㍑ 2枚(小箱)
スミレイフェンスマット(タコマット)についての資料請求はこちら

カポックピロー 浮き堰
側溝用対策油防除資材

特徴

天然の撥水性中空繊維である「きわた(カポック)」を網袋に入れた吸着資材です。
幅20cm~50cmの側溝などでオイルフェンスの代わりに油の流下拡散を防止します。
またオイルマットでは間に合わないほどの大量の油を一気に吸着させることもできます。

カポックピローパコール

水位は一定に保ち、溝の壁と壁の間にしっかりと押し込んで水面のポッカリと浮かび上がらないようにします。

種類

  寸法 1パックの個数
パコール 幅25cm x 高さ21cm x 長さ65cm 4個
カポックピローについての資料請求はこちら

スミレイ 油濾過吸着袋

特徴

大きい粒度のスミレイを選って目の粗い網袋に入れた吸着資材です。多量の油を精密に吸着回収できます。
油水分離槽、集水枡、側溝の中に。また排水中の油分の除去にも。袋の大きさや形状についての特注にもお応えしております。

油濾過吸着袋

寸法 1袋のスミレイ容量 1箱の袋数 1袋の吸着量
42cm x 80cm 9.4リットル 9袋 約4.5リットル
スミレイ油濾過吸着袋についての資料請求はこちら

よくあるご質問

Q
スミレイ活性炭は毒はありませんか?
A
スミレイは皆様が飲んでいる缶コーヒーの抽出残渣を水蒸気賦活したものですので、全く安全です。

Q
スミレイはにおいを吸着しますか?
A
吸着するにおいと、しないにおいがあります。
活性炭をつくる時は、吸着したいものの特性に合わせて 造ります。
例えば気体であれば、窒素だけとか炭酸ガスだけとか吸着する活性炭があります。
スミレイは油だけを吸着するのが目的なので、においには重きをおいていません。ただし、油のにおいは吸着します。

Q
スミレイは燃えやすいですか?
A
炭(カーボン)は本来燃えにくい物性で、純粋なカーボンのゴルフクラブシャフトを火にかざしても、燃えないことでわかります。
スミレイは火がつきにくく、燃えている油の上にそのままかけて消火剤としても使えます。

Q
スミレイは食用油も吸着しますか?
A
植物油は吸着します。
低温固化した動物油は吸着できません。高温の液状動物油は吸着します。台所洗台三角コーナーに入れておくと、排水管に油がつきません。
スミレイについての資料請求はこちら