谷口商会株式会社
文字サイズ
  • S
  • M
  • L
製品情報

HOME > 製品情報 > コプラ

コプラ COPLA 特許No 4261608号 ** 現在販売休止中 **

コプラとはスペイン語で「音律」という意味です。スキマーのたてる規則的な音から名付けました。

コプラ:COPLAコプラ:COPLA

虹色油膜やゴミと混合してムース化した油を迅速に0(ゼロ)にする携帯可能な「スキマー+ろ過槽」。 それが「コプラ」です。
普通車で運搬でき現場で少人数(1名)、短時間で組み立てられます。

コプラオイルスキマーで 水面の油膜を吸引回収します。

浮き基板によって表層水と深層水を区切りつつ、水面に浮遊している油や塵を 表層水とともにポンプで吸い上げます。
ポンプに吸い込まれる水は少量ですむ一方、油は精密に回収できます。

流速0.1m/秒(0.2ノット)程度の準静止水であることが吸引の条件ですが、流速の速い流れであれば、オイルフェンスの展張などにより部分的に表層水の流速を落とすことで、吸引させることができます。

下に掲載した動画を御覧ください。
流速0.3m/秒(0.6ノット)の流れに 多量の軽油(紫に着色)を流した実験です。
オイルフェンスを張って軽油の流下を止め、その上流側にコプラを設置して吸引回収しています。表層水はオイルフェンスによって流速が落とされるのみならず 上流側に反転するので、静止水の場合よりも かえって油の吸引回収速度が上がることが観察されました。
(オイルフェンスと浮き基板の距離は0.3m程度が最適でした。)
オイルフェンスの下流側には 全く油を逃がしていません。

特殊ポンプ
水面の紅色油膜やムース油を呼び寄せて吸い込む特殊スキマー

コプラオイルフィルターで 水中の油分を吸着除去します。

排水排水

活性炭と同等の強い吸着力をもち 活性炭よりも格段に処理(通水)速度の速い吸着材(親油性多孔質炭化物「スミレイ」)のカートリッジを内蔵した 携帯式の吸着塔です。機械的に乳化してしまった油も 現場で放流できるレベルにまで精密除去できます。

1台あたりの通水処理量 毎時 約2t
カートリッジ交換までの吸油量 約20L

動画

※ 動画はPCでご覧いただけます。

トップページに戻る