谷口商会株式会社
文字サイズ
  • S
  • M
  • L
状況別対応チャート

HOME > 状況別対応チャート > 敷地のどこからか油が出てきて雨天時に油膜が浮く場合

敷地のどこからか油が出てきて雨天時に油膜が浮く場合

  • 油が漏出・流出する時間、場所、量などの予想がつかない「ノンポイント汚染」の悩みが近年増えています。
    たとえば、トランスなどの屋外機器の老朽化、落雷、地下配油管の電食などによって、工場、操車場、空港、燃料貯蔵施設(タンクヤード)などの敷地のどこかに油が浸み出して雨が降ると大 量のゴミや浮遊物質とともに油が敷地の外に流れ出てしまい川や海に油膜が浮かぶ危険があります。
    また敷地の中を油輸送車が行き来している工場などでは、どこで漏油が起きるかわかりません。

    しかも最近はISOの基準のひとつに環境対策も入っており、さらに海沿いの工業地帯での油膜の監視も厳しくなっています。

トップページに戻る