谷口商会株式会社
文字サイズ
  • S
  • M
  • L
状況別対応チャート

HOME > 状況別対応チャート > 水に浮いた油を除去したい場合 > 油膜が水面の有機物と混合してムース化している時・特に回収を急ぐ場合

  • 油膜が水面の有機物と混合してムース化している時

    あまり水質のきれいでない河川においては水面や水中のフミン質などの有機物と油が混合してムース状 になってしまうことがあります。ムース状なのでオイルマットで吸着されにくく、他方、ひしゃくなどですくいあげることができるほどの硬さはなく、少し触ると壊れてしまうので、回収が難しい状態です。このようなムース状の油に関しては水面の油を機械的に回収除去するスキマーが有効です。

  • 特に回収を急ぐ場合

    オイルマットの場合、接触した油膜は吸着しますが、油膜と接触するか否かは風や波の状態まかせです。このような場合には、水面の油を機械的に吸引除去するスキマーで機械的に吸い寄せると短時間で事故を収束させることができます。特に薄油膜に対しての回収スピードのアップが大きなメリットですが、油膜が厚い段階から使用することができます。

コプラを用いた油除去コプラを用いた油除去油吸着槽

当社では人力で搬入設置出来る高性能吸引ろか機「コプラ」をご提案いたします

コプラの製品ページはこちら コプラの資料請求ページはこちら

【水に浮いた油を止めたい場合】のページへ戻る

トップページに戻る