谷口商会株式会社
文字サイズ
  • S
  • M
  • L
状況別対応チャート

HOME > 状況別対応チャート > 水に浮いた油を止めたい場合 > 万一の漏流出油に備えて あらかじめオイルフェンスを張っておく場合

万一の漏流出油に備えて あらかじめオイルフェンスを張っておく場合

予防的な場合には長期間展張することになるので、耐久性に富む可搬式オイルフェンス(オレンジフェンス)を使うことが通常です。特に波が高い海域では可搬式フェンスが良いでしょう。

可搬式オイルフェンス(オレンジフェンス)


当社では様々な大きさの可搬式オイルフェンスを販売しております。カタログ等お問い合わせ下さい。

ただオイルフェンスは 多くの場合、工事の終了とともに使い捨てになり、廃棄費用もかかります。工事が1年以内に済むような場合、波が穏やかな内水域あるいは湾内で使用する場合には 可搬式オイルフェンスを使うまでもないこともあり、そのようなときに、省資源とコストダウンの見地からは より小型のフェンス(スミレイエアフェンスなど)を使用してもよいでしょう。

また、「もしも油が流出したときには、油を止めるだけではなく吸着してほしい」という場合には、水面に展張したままでも長期間吸着力を保つオイルフェンスを使用、あるいは上記のオイルフェンスと併用するとよいでしょう。
弊社では「ロングキャッチ(LC)オイルフェンス」をお勧めできます。

スミレイエアフェンスの製品ページはこちら スミレイ製品の資料請求ページはこちら

【水に浮いた油を止めたい場合】のページへ戻る

トップページに戻る