谷口商会株式会社
文字サイズ
  • S
  • M
  • L
状況別対応チャート

HOME > 状況別対応チャート > 水に浮いた油を止めたい場合 > 流速はあるが、流出した油の総量が少ない(フェンスの上流側に溜まる油が薄い油膜になる程度の)場合

流速はあるが、流出した油の総量が少ない(フェンスの上流側に溜まる油が薄い油膜になる程度の)場合 あるいは 流出した油の量は多いが ほとんど流れがない(秒速15cm未満)場合

下記のいずれかの資材を、流れに対して斜めに張れば油を止めることができます。

  • 可搬式オイルフェンス(オレンジフェンス)
  • 下記の条件を満たす吸着型オイルフェンスや長尺(万国旗)型オイルマット
  • 1.油を吸っても浮力が落ちたりせず、かつ吸った油を再放出しないもの。
    (⇔繊維製のものは要注意)
  • 2.吸着材同士の継ぎ目がしっかりとふさがれていて、そこからの漏油のないもの。
    (⇔2本を結びつけるだけのフェンス(接続部分のあて布などがないもの)は要注意)

例えば、スミレイオイルフェンススミレイフェンスマット(タコマット)はこのような条件を満たす資材です。

スミレイオイルフェンスの製品ページはこちら スミレイフェンスマット(タコマット)の製品ページはこちら スミレイ製品の資料請求ページはこちら

【水に浮いた油を止めたい場合】のページへ戻る

トップページに戻る