谷口商会株式会社
文字サイズ
  • S
  • M
  • L
状況別対応チャート

HOME > 状況別対応チャート > 土壌に油がしみこんでしまった場合

土壌に油がしみこんでしまった場合

  • ビニールハウスの燃料タンクからの油漏れ、地下配油管の電食、閉鎖されたガソリンスタンド、あるいは保全作業中に敷地や線路のバラストの下に油が流れ込んでいってしまったなど油が地面に染み込んでしまっている状況が増えつつあります。

    土壌に油がしみこんでしまった場合土壌に油がしみこんでしまった場合土壌に油がしみこんでしまった場合


コラム

【土壌の油汚染対策技術のあれこれ】

  • 油濁土壌

    油濁土壌

  • 土壌の油汚染に対しては様々な工法、たとえば土壌ごと焼却する、過酸化物によるラジカル分解、水による洗浄、微生物分解などの回復技術が、さまざまな企業や研究機関から提案されています。ちなみにこれらのいずれの工法についても、

    • ①掘り出した土壌を工場まで持参して処理する。
    • ②現場に資機材をもちこみ掘り出した土壌をその場で処理する。
    • ③土壌を掘り出さないで処理する。
  • 石垣から油

    石垣から油

  • という方式がありえますが、一般に、番号の若いものほど処理コストがかかるかわりに確実・迅速な処理が可能になる傾向があります。逆に言えば、後にいくほど、簡易で低コストですが、精密な除去が難しくなる、あるいは処理が長期化するのが難点です。
    従来は、工場まで汚染土壌を運んで焼却処理する方法が主流でしたが焼却残渣が「燃え殻」として産業廃棄物になり、その処分場所が少なくなりつつあること、運搬中の拡散の危険、そもそも土を掘り取ることができない場所の除染には対応できないことなどから他の処理方法への期待も高まっています。その中でも注目されつつあるのが微生物分解と水洗浄、それも現地で処理する②または③の方式です。微生物分解(バイオレメディエーション)処理は1ヶ月以上の期間が必要になることから(上記③の方式の場合には、特に処理が長期化する可能性があります) 復旧があまり急がれていない汚染現場で採用されます。

トップページに戻る